マスター・ツートンの仁義ある添乗員ブログ

自称天使の添乗員マスター・ツートンの体験記。旅先の様々な経験、人間模様などを書いていきます。

こんにちは。海外添乗員のマスター・ツートンです。天使の添乗員です。

長年している海外添乗員という仕事の中で、経験したことを、ドキュメント小説風にシリーズとして書き上げていきます。

海外旅行好きの方、旅行や添乗のお仕事に興味のある方は、ぜひお立ち寄りください。時には、旅の情報も載せますよ。

コメントはお気軽に。返信は必ずします。ただし、誹謗中傷や内容に関係ないものは、ただちに削除いたします。

202011月。僕は関東と甲信越の紅葉の名所を巡るツアーを担当した。羽田空港で四国、九州からいらしたお客様を出迎えて、栃木・日光、新潟・越後湯沢、群馬・草津温泉、山梨・清里近郊の温泉の順に宿泊しながら4泊5日の旅をご案内した。

関東甲信越にお住まいの方々にとっては、信じられない動きをする旅に見えるかもしれないが、参加客は四国と九州居の住者を対象としたものだ。いざ蓋を開けてみると、関東には、なかなか来る機会がない方々を、効率よく景勝地を案内できるようになっていた。また、どこかしらで紅葉のピークに当たるように、南北、そして標高差も研究されていた。それぞれの観光地でとる時間は、だいだい一時間程度。

え?そんな短い滞在時間でもったいない?いや、だから遠くにお住まいで、滅多に関東に来れない方々のためのツアーだってば。格安の海外ツアーに参加されてる方々に申し上げておこう。欧州とかで、これよりもきつい移動を組み入れてるツアーはたくさんある。というか殆どそうなっている。滅多に来れないところで色々見られるように。

 

おっと、話がそれた。それで本題のクーポンだが、このツアーの場合、宿泊地の関係で4種類のクーポンが発行される。整理すると以下のようになる。

 

1日目 栃木泊 隣接は群馬、茨城、埼玉、福島

2日目 新潟泊 隣接は山形、福島、群馬、長野、富山、石川(海上で能登半島と隣接)

3日目 群馬泊 隣接は埼玉県、栃木県、新潟県、長野県、福島県

4日目 山梨泊 隣接は東京都、神奈川県、埼玉県、長野県、静岡県

5日目 山梨から箱根(神奈川)経由で羽田より航空機を利用。

 

いくら国内ツアーとはいえ、四国、九州から往復航空機を使って45日の旅となると値が張る。旅行代金は16万円。クーポンは旅行代金の15%分発行されるから一人当たり25,000円分となる。それが各県に均等に分けられて発行される。滞在時間が長い栃木が7,000円で、他は6,000円ずつだった。

面倒なのはここからだ。クーポンはツアー期間中有効だ。だから、どのクーポンにも有効期間は1日目から5日目までの期日が記入されている。

だが、栃木で過ごすのは最初の2日間。その後、一度栃木のクーポンは使えなくなる。そして、群馬に宿泊する時、再び有効になる。逆に、山梨のクーポンは、最初の3日間はまったく使えない。つまり、券面の有効日と実質の有効日が一致しない。実に面倒だ。

僕は、これについて最初にバスの中で案内しようとしたが、お客さんがまったくついてこれなかった。話して1分ほどで大半の方が眉間に皺を寄せて、2分すると8割の方が目を閉じた。

 

「どのクーポンがいつ、どこで使えて最後の機会はいつなのかは、その都度お伝えします。」

 

と案内すると、ある男性客の「それがよか!」というお言葉とともに、みなさん頷いたのだった。

かくして2日目に越後湯沢到着後から様々な注意報と警報を出すことになる。

「ここでは栃木のクーポンは使えません。群馬と新潟のみです。」

3日目。草津温泉のホテルにて栃木警報発令

「栃木のクーポンが使えるのはこのホテルまでです。使い切ってください!なお、群馬と新潟のクーポンは、山梨に入ると使えなくなります。そのタイミングは明日お知らせします。まずは栃木のクーポンを余さないように!」

4日目の午前、新潟から長野に入って群馬、新潟警報発令

「長野から山梨に入ると、新潟と群馬のクーポンが無効になります!ここのお土産屋で、必ず使い切ってください!」

「添乗員さん、買う物がないんだけど・・・」

「じゃあ、僕にクーポンくださいっ!」←もちろんジョーク

5日目、山梨クーポンのフォロー。

「箱根で買う物がなかったら、山梨のクーポンは羽田でも使えます。山梨県は東京都と隣接してますから。」

「へー。山梨って東京の隣なんだ。」

 

「旅行好きなのに無知だな」とか「地図見ればいいのに」などと思ってはいけない。お客様は、四国と九州からいらしている。関東甲信越の地理に疎いのは当然だ。

クーポンには、発行県だけでなく隣接県も記載されているが、ツアー内容に関係なくすべて記載されているので、わかりにくい。また、新潟などは表記が多いため、ご年配の方々には読みにくい。実際に、クーポンをお持ちになって「これ、群馬って入ってる?見えなくて」と聞きにくる方もいらした。だから、これくらいのサービスは当たり前なのだ。

とにもかくにもクーポンの案内はよくできたようだ。お客様からもアンケートで褒められていた。

「海外のお仕事が多く、国内業務は不慣れなようだったが、クーポンの案内は完璧だった。」

 

どうもありがとうございます!ちなみに、こんな面倒くさいパターンは滅多にないからご安心を。

 

次回。クーポン修学旅行編

GOTOトラベルキャンペーンを使って旅行を申し込むと、必ずもらえるのが「地域共通クーポン」だ。今回は、それについてのエピソードを紹介しようと思う。

当初、いろいろと混乱を招いた話は、ここでは割愛。メディアその他が散々悪口を言いまくっていたので、ここでは言及しない。僕が現場に出るようになってから、感染者数が増えてキャンペーンが停止するまで、概ね好評だったクーポンを使った現場について話そう。

 

個人旅行者にとっては、大変便利な代物で、レンタカー代、ガソリン代、その日の食事代などなんでも使えてしまうから、本当に現金の節約になった。利便性で文句を言う人はいないだろう。

逆に、宿泊や移動手段、大半の食事が込みになっているパッケージツアーでは、たまにある自由食とお土産くらいしか使い道がなく、消費に苦労しているお客様もいらした。

 

利用されたことがない方のために、面倒くさくない程度にクーポンを説明する。必要に応じてちょっとずつ案内しよう。そうしないと、それだけで嫌になって最後まで文章を読んでもらえないから。基本的には以下の通り。

・旅行会社か宿泊施設で発券される金券。旅行代金の15%分の金額で発行される。端数が出た場合は四捨五入。なお、お釣りは出ない。

・宿泊ツアーの場合なら、宿泊地の都道府県から発行される。利用エリアは、発行都道府県と隣接する都道府県。この場合の隣接は、海を挟んでもOK

・有効期間は旅行期間中のみ。

・電子クーポンと紙クーポンがある。ツアーでは紙クーポンが配布される。

 

以上。少しずつと言いながら、これだけ覚えておけば、だいたいなんとかなる。金券には違いないが、他に比べて有効期間や有効地域に、かなりきつい縛りがある。

こんなトラブルを聞いた。あるツアーは、島根、鳥取を旅した後、兵庫をに入り、最後は伊丹空港から飛行機で羽田に帰る行程だった。参加客の多くは、伊丹空港で、鳥取のクーポン券を使おうとした。伊丹市は兵庫県。兵庫と鳥取は隣接しているから、普通は有効と考える。

ところがどっこい。伊丹空港のターミナルは、実は、大阪府池田市。(空港敷地は、大阪府豊中市、池田市、兵庫県伊丹市に跨っている)。大阪と鳥取は隣接していない。そのため、クーポンは使えないと案内されてしまった。

「ここは伊丹空港ではないのか!?」

と、お客様が怒ったという。気持ちは分かる。でも、ルールはルールだからどうしようもない。挙句の果てに添乗員が

「あんたが、ちゃんと教えてくれないからだ!」

と怒られたそうだ。「理不尽だ。自分で調べろよ。」と思われた読者もいることだろう。だが、添乗員の中には、

「鳥取のクーポンは、伊丹空港でご利用いただけます。」

と言ってしまった者がいたらしい。「言ってしまった者がいたらしい」というのは、このケースは複数あったということだ。おそらく、それを言ってしまったのは、みんな関東の添乗員だろう。関西の添乗員に言わせると、「伊丹空港ターミナルは大阪」は、常識らしいから。

僕は知っていた。知ってはいたが・・・使えるって言っちゃったかもしれないなあ・・・。同じ施設で敷地が跨っていたらセーフと思ってしまう気持ちは分からないでもない。

 

ここは間違えないように、伊丹空港という呼び方を使わないようにしよう。正式名称は「大阪国際空港」だ。これで悲劇は二度と起こらない。まあ、これは添乗員の間では有名な話ではあるけれど。一般参加者の方々、気をつけましょう!

 

と、いうことで次回につづく。

数々のものを読んで、見て、こんなものでは終わらないということは分かっている。

でも、これ以上悪くならないで欲しいと強く願っているのも確か。

 

そんな時に、一気に東京の新規感染者数15911/7)。さすがに精神的に来る。自分の中で工夫して、工夫して、どんなに気持ちを前向きにつくっても、必ず、それを打ちのめす何かが降ってくる。立ちはだかる。

 

他にはなにもない。今日は落ち込んだ自分の気持ちだけ記す。

 

17時に別の記事がアップされますが、前もって書いておいた予約投稿です。別に気持ちが浮いたり沈んだりしているわけではありません。これはこれ。それはそれ。

「コロナの記憶」として、この気分も残す。

地元で自営業を営んでいる弟が、用事があって実家に立ち寄った。「今日の午前中は、痛いところに立ち寄ってきた」というので、どこに行ったかと思ったら、歯医者と税務署だった。それはさぞかし痛かったに違いない。

テレビでは、高校ラグビーが熱い戦いを繰り広げていた。準々決勝以降は好ゲームが多く、本当にエキサイティングだ。今日の一試合目なんて、せっかくつくった焼きそばが、完全に冷めてしまうくらい、目が離せなかったし口も動かせなかった。

 

そんな時、本日の(15日)の東京の感染確認者数の速報が入った。1278人。

 

ここまで来ると、落ち込むよりも、先にいろいろ考えてくるようになってくる。支援金をもらえるのは2月まで。緊急事態宣言が出されたらGOTOキャンペーンの再開はなし。宣言の主旨は「動くな、人と接するな」だから、仕事の内容は限られる。またもや添乗は、当分の間見込めないだろう。

 

考えていたら、派遣元から連絡が来た。内容は仕事の依頼。「大学受験の試験官やりませんか?」

時期は2月。まだ支援金がもらえる時期。働いた分は、日数で計算され、その分は日割り計算で支援金から差し引かれる。試験官の時給は安く、おそらく、仕事を受けたほうが手取りのお金は下がる。

でも、わずかな金額だ。派遣元だって、僕ら同様に苦しい。添乗の仕事がなければ、他で売り上げを上げないといけない。このシリーズで何度もで書いているけれど、派遣元がなくなったら、僕らの帰る場所もない。

 

結局受けた。「いい奴だなあ、僕って。」などと思いながら自分を励ましている。

きれいごとでなく、受験生を応援したい気持ちもある。こんな時に、本当に大変だと思う。でも、政府が「受験は予定通り」と言ってくれてよかったね。コロナ感染者で、若者が多いのが気になるが、感染したおかげで浪人なんてことになるなよ!

将来、立派な海外添乗員・・・いや、社会人になれるように頑張れ!

いきなり関係ない話だが、今年の箱根駅伝の展開は劇的だった。駒沢大学の大逆転劇は、しばらく記憶に残るだろう。

その影に、もうひとつ劇的な結果があった。青山学院の復路優勝だ。往路で低迷した際、原監督のコメントが、紙面に小さく載っていた。

 

「復路は優勝を狙う。」

 

その通りになった。復路だけで見たら、二位の駒沢とはたったの二秒差での首位。両校が一緒に走っているわけではないから、見る側に実感こそないが、影のデッドヒートだった。さすが経験豊かな強豪チーム。ただでは終わらない。意地を見せると同時に、往路での悔しさがさらに増したであろう。それを生かして、来年はさらに強いに違いない。復路の優勝は、往路と違ってランナーが先頭でテープを切らないから、人々の記憶にも残りにくい。だから、ささやかながらここでお祝いしよう。青山学院、復路優勝おめでとう!

往路優勝=創価大学 復路優勝=青山学院大学 総合優勝=駒澤大学

全部顔ぶれが違うってのも、珍しくていいものだ。

 

ところで、先日ここで報告した通り、民間のPCR検査で陰性が出たので、帰省を決行した。すぐには動かず、13日の昼過ぎの電車に乗る。ふだん、都内で暮らしてる時もそうだが、いや、コロナ禍以前からそうだが、動くときは人がいない時に限る。結果、有料特急の1車両が貸し切り状態となった。特急料金860円で貸し切りだから、これはありがたい。東京に戻る時も、時間を選んで帰ろう。
IMG_0072
筆者が乗った浅草発急行りょうもう号の車内。足利市駅に着くまで貸し切り状態だった。もちろん、他の車両にはお客さんがいましたよ。
 

実家は、築100年以上の木造家屋なのだが、冬は寒い。とてつもなく寒い。どこをどうやっても隙間風を感じる。父親が亡くなり、母親は入院中なので、家には叔母が一人きり。検査が陰性とはいえ、前回の帰省と変わらず、隔離生活で過ごす。

喪中での年末年始帰省だから、正月らしいことはなし。仏壇に線香をあげて、庭にあるお稲荷さんの社を掃除して、スーパーに買い物に行った。人が少ない時間に行ったつもりが、そんな時に限って知り合いに遭う。というか、人が少ない時に知り合いがいると、広いスーパーでもすぐに見つかる。「見つかる」と感じるということは、後ろめたいことがないつもりでも、遭いたくないなにかが、自分の中にあるのだろうか。

別に冷たく接してくるわけではないが、どこかごきちない感じがした。話の流れの中で、検査が陰性だったことを伝えると、「あ、そうなんだ。よかったですね。」と、いう言葉とともに、急に距離が縮まったような気がする。たぶん、気のせいじゃない。

様々な人と、お互いに精神的衛生を得られるのであれば、PCR検査は、定期的に受け続けようと思った。そのほうが、検査を気にして、日常の生活において気を抜かずに気を付けるようになるし、受けるからには、「陰性という成果」を求めるようになる。国内添乗を始めて、多くの人と接する機会が増えた自分にとっては、決して小さな成果ではないし、なにより心理的な印籠になる。

 

そうやって、前向きな気持ちを、あらためて作ろうとした時、首相の会見が始まった。

いよいよ緊急事態宣言が真実味を帯びてきた。そうなったら、GOTOトラベル再始動も絶望的だ。首相も記者からの質問に対して、そう答えている。

「遅い。11月にやるべきだった。」

との声が聞こえる。でも、国内旅行業が一瞬でも生き返り、わずかながらでもコロナ禍を生き延びたあの状態を見たら、僕らにとって11月の宣言はありえなかった。たとえ、後々の検証で、それが正解だったとしても、今の僕らには考えられない。始まる時期がいつでも、旅行業界にとってそれは、暗黒期間の始まりだ。

一方で首相は、二月末からワクチン接種が始まると明言した。今は、この成果を祈りながら、次の行動を考えるしかない。

不安だなあ・・・。

 

東京の感染確認者数 28143816、本日4884。重症者数は過去最高の108

このページのトップヘ