2021年7月20日。

とうとう一回目のコロナワクチン接種日を迎えた。

自宅の近所でも、コールセンターでも、そのほかの知り合いでも、少しずつ接種を経験した人が増えてきた。自分が住んでいる自治体だったり、東京大規模接種だったり、家族やコールセンターつながりの職域だったり。

すでに受けた方から、どんな感じか聞いてみた。

 

●二回接種を済ませた女性。コールセンターの同僚。自治体で接種 ファイザー

「一回目はなんともなかった。二回目の後は、関節が少し痛くなったかな。風邪を引いた時みたいに。熱?出なかった。」

 

20代前半の女性 職域接種。この前一回目を接種。モデルナ

「打ったほうの腕が、翌日だけ上がらなくなりました。それ以外は特にないです。コールセンターの仕事は、やろうと思えばできたろうけど、片腕が十分に動かない状況だから、PCを含めて作業が不安だったと思う。接種翌日は、休みでよかったと思います。」

 

70代男性 ツートンの近所に住んでいる下町の主。二回接種済み ファイザー

「ぜーんぜん問題ない。快調。」と、ふだんは挨拶しかしない間柄なのに、気分よく話してくれた。

 

●ツートンが通う近所のお好み焼き屋のマダム とりあえず一回 ファイザー

「ちょっとチクッとしただけでした。」と、ご機嫌な顔でビールを出してくれた。(この前の緊急事態宣言が解けた直後の夕方の話。だから、ビールは問題なし!)

 

●イワ子さん(当ブログ内「N美物語」の主要登場人物 30歳くらい 一回目接種 モデルナ

実姉の職域接種にて。筋肉注射だけあって、筋肉痛のような痛みに襲われた。ちょっと腕が上げにくくなり、接種部分が少し腫れたけど、それだけ。「私の体には、なにが入っても大丈夫です。」と、電話では、にこやかに強気に話していた。会場では、無料で解熱剤を配布していたとか。ちなみに、接種箇所がわずかに痛む彼女に対して、ご主人は「痒い」と言っているらしい。

 

親戚関係の人々も、みんなとりあえず問題なし。

 

ワクチン接種を間近に、副反応の記事を読んで、少々びびったが、僕の周辺の人間は、とりあえず問題ないので、元気に接種に出かけよう。

あー・・・、でも、少し緊張する。ドキドキする。接種する前から副反応のような症状が出てきているような気がするが、これは間違いなく気のせいであろう。

 

では、行ってきます。

おまけ:最近のコールセンターの同僚の一言

「このメンバーが、三年後にマスクなしで同窓会で会ったら、きっと誰が誰だかわからないね。」
確かに。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑

ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。