マスター・ツートンのちょっと天使な添乗員の話

自称天使の添乗員マスター・ツートンの体験記。旅先の様々な経験、人間模様などを書いていきます。

カテゴリ: こぼれ話

昨日、仲のいい友人と食べて、飲んだ。
街中はすっかりコロナ禍前と同じようになっている気がした。外を歩く時にマスクを外している人も増えた。
さすがに店の中に入ると、店員さんはマスクをしている。そこだけかな。前と違うのは。

コロナ禍前、接客している人間がマスクをしているのは無礼だくらいのことを言われていたことを思い出す。再びそれが常識となる日がやってくるだろうか。着用は自由、または衛生的で良しとされるような気がしないでもない。

久しぶりにバーに行った。出会った頃は、ベストを来てカウンターの端で仕事をしていた女性が、今や、その店ではメインバーテンダーの証である黒いジャケットを来て、店の中心で凛々しくカクテルを振っていた。
しかも、めちゃくちゃ美味い。考えてみると、彼女がその店に入ってから10年近く経っている。その間にコンクールでタイトルを取った。コロナ禍に入って休業に追い込まれた日々があっても、陰で努力を重ねて、着実にキャリアを積んでいくことを怠らなかった証だろう。

昨日、来年2月のツアーの依頼が来た。随分と先の話だ。だが、今度はパンフレットに名前が載るらしい。振られた仕事は全て受ける。今は何もかも受けて、結果だけを出すことを考える。
しばらくの間は、リクエストされるツアーしか仕事がないだろう。でも、勝手に僕が考えている戦略がある。
ツアーの数が増えてきた時、現在協力的で結果を出せる添乗員が多い派遣元に旅行会社はツアーを提供するだろう。
そう思うと、今はなにからも逃げてはいけない。

ということで、今日も働くか。コールセンターで。
IMG_0249

IMG_0251
IMG_0250
上から洋梨のダイキリ、巨峰を使ったカクテル。いずれもフレッシュフルーツ。下はフラパン。とても美味しいブランデー。贅沢したから、週末は大人しくしています。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

ここに来て、海外ツアーの添乗員レポートをシェアしてもらったり、直接LINEメッセージでアドバイスをもらうのだけど、コロナ感染対策については、驚くほど少ない。
公共交通機関利用の際は、マスク着用を義務付けているケースがあるようだが、ほとんど専用バスで移動するツアーには関係ないから、そのあたり実感がないのだろうか?打ち合わせで確かめるだけで十分ということか?
物価高についても殆ど記されていない。どこかの芸能人など「日本が終わった」くらいの勢いでブログに書いていたのに。地域や訪問国によって、実感に差があるのは確かだろうけど、僕の知り合いは、だれもそこに言及していないってどういうことなのか?
ネガティブなことを避けているのか?当たり前だから書かないのか?それとも久々の海外で、物価以上に気分が舞い上がっているのか。
これも打ち合わせまで待つか。

久しぶりの添乗まで、あと15日。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

8月に、僕のことを幼少の頃からかわいがってくれた叔父が亡くなった。

葬儀は家族で済ませた。墓は、本人の希望もあり故郷の足利市にある、実家の墓の敷地内の空いているところに、自家の墓誌を建てたいと、ずっと前から言っていたので、その願いをかなえることになった。

四十九日の法要に合わせて建てられたところに、無事に埋骨を終えた。 嬉しいことにと言ったら語弊があるかもしれないが、この日は、親戚の大半が集まることができた。

二年前の三月に父が亡くなった時は、コロナ禍が本格化する、超がつく直前だった。あれから一週間経つと、通常のお葬式はできなくなっていたのを思い出す。

そういった意味では、規制が弱まってきた中で、叔父が久しぶりにみんなを会わせてくれたと思えなくもない。

話好きの叔父は、遺影の中で会食に参加しているようだった。あの時、初めてもう会えないのだと実感したが、あらためてそう思うと、寂しい。

 

ところで、埋骨の際は、「親父のだけでなく、敷地内の墓にはすべてたっぷり花を添えよう」と、従弟が張り切っていたのだが、「(安倍元首相の)国葬のために、花が思うように入ってこないかもしれない」と花屋から言われたそうだ。「国葬ってそこまで花を使うのか」と心配したが、最終的には手に入ってよかった。

 

さて、28日は、久しぶりに旅行イベントだ。今度こそ、コロナ禍は終わりに近づいている。お客さんたちをたびに引っ張れるような案内をしなければ。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

あるスタッフが体験した恐怖を朝っぱらからお話しよう。

オミクロン対応ワクチン受付開始前、今は小康状態のコールセンターにかかってきた一本の電話。

「ワクチンの予約をお願いします。」

と、受話器の向こうで言った90歳を超えている彼女の言葉は、とてもしっかりしていた。

「かしこまりました。それでは、接種券番号をおっしゃってください。」

スタッフは、とても丁寧に対応した。

「え?なに?」

口調はしっかりしているが、少し耳が聞こえにくいようだ。

「接種券はお手元にありますか?」

「はい。」

「そこにあります、●●から始まる十桁の番号です。」

「え?」

「接種券」と「番号」は聞き取れるらしいのだが、「接種券番号」になるとなぜか聞き取れないようだ。

スタッフは、声を高くしたり低くしたり、大きく口を開けながらゆっくり話したり、散々工夫を凝らしているが、なかなか聞いてもらえない。

 

挙句の果てに、電話主は言った。

「通帳番号?」

「それは絶対に言ってはだめです!」

スタッフの叫びが部屋中に響き渡った。

 

通常なら5分もあれば終わる対応を、15分ほどかけて電話を切った後、彼女は汗をぬぐいながら言った。

「ふー・・・。とんでもないことを聞いてしまうところだったわ。」

皆で笑ったが、考えてみると怖い。

彼女が優しい、誠実な人でよかった。「聞いておけばよかったのに。ついでに暗唱番号も。」という僕のブラックジョークに、「冗談でもそんなことを言うものではありません!」と、真顔で怒るくらい真面目な人でよかった。

 

海外添乗中に90歳以上の方を案内することは稀だが、高齢のお客さんはとても多い。一生懸命案内を聞いてくれているのだけど、聞こえない、いまひとつ理解できない方がいらっしゃるのは、珍しいことではない。

そんな時は、個別に対応するのだが、身振り手振りや紙に書くなどの手段がある。口の動きで言葉を読むこともできるし、なんと言っても目を見ながら話ができるのは大きい。

声だけで行う電話でのコミュニケーションは難しい。添乗前の挨拶電話でも、「この方とのコミュニケーションは大変そうだ」と思ったのに、お会いしたら普通だった、という例は多い。

 

電話で雑談するのとは違うのだ。なにかの手続きの場合は、家族や周りに助けられる人がいればなあと、つくづく思う。

電話をかけてきて、しかもこちらから聞いてもいないのに、自分から「通帳番号」と口に出してくることがあるのだから。「そうです」と言ったらこたえてしまったのではないかと思う。そんなもの聞かされても困るよほんと。本気で困るよ。勘弁してくれよ。

 

ということで申し上げておきます。

コロナワクチンの予約の際に、皆様の通帳番号は必要ございません。

ワクチンコールセンターでは、お問い合わせの際に、皆様の通帳番号をお聞きすることはございません。

もし聞かれたら、それは詐欺です。
IMG_0068
それでも豊洲の夜景は美しい
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

日曜日に大相撲を生まれて初めて見に行った。升席後ろから二番目だったが、十分に迫力を感じた。やはり、スポーツは生観戦が楽しい。

ところで、この日は力士に関する意識変化が自分の中であった。ふだんテレビでは、中入り後の取り組みしか見ない。そのせいか前頭下位の取り組みは、前座のような気分で見ている。

でも、この日のように三段目の取り組みから見ていると、(このクラスでも生観戦なら十分に迫力がある)前頭以上は、いかに多くの力士の中で上位に上り詰めたアスリートであることが分かるのであった。

いや、中入り後になると、体つきもオーラもまるで違ったし、取り組みの力も拮抗していたし、見ているだけでアドレナリン全開だった。
IMG_0014

まだ人が少ない三段目の取り組みの頃。これくらいから観戦したいね。ちなみに館内にあるちゃんこ鍋屋や弁当屋は大混雑。 

IMG_0013
国技館名物の焼き鳥。こういうのをつまみながら、早いうちからのんびり観戦がいいよ。
一方、僕特有の職業病も出た。

「力士って身体大きいなあ。この人たち、全員BMII30以上あるよな。基礎疾患持ちの扱いじゃん。・・・みんな4回目のワクチン打ったかな。」

みたいな。

そんなことを考えていたら、取り組みの合間に土俵上に掲げられる懸賞旗に「モデルナ」を見つけて笑ってしまった。しかも七回も出てきた。紹介原稿は「メッセンジャーRNAのモデルナ」であった。写真撮っておけばよかったな。

本当、国技館もコロナ禍色だね。

IMG_0018
IMG_0020
中入り後の土俵入り 
IMG_0021

横綱照ノ富士の土俵入り
IMG_0024
貴景勝と逸ノ城の取り組み。逸ノ城が強かった!

個人的には、芝田山親方が売っていたビスケットのつかみ取りを楽しませていただいてありがとうございます。
 

さて、頑張っているモデルナのために接種回数上げるべく、今日もワクチン業務に励もうか。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

稲盛和夫さんが亡くなられた。90歳だった。

ゴルバチョフさんが亡くなられた。91歳だった。

政財界の超大物が亡くなった時に感じる時代の変遷は、とてつもなく大きいですね。慣れ親しんだ芸能人などとは比べ物になりません。

コロナ禍に亡くなったということで、さらに偉人たちの記憶は、僕らの中に強く残ることでしょう。

最近は、長生きする人が多いとはいえ、90年以上生きた彼らには大往生という言葉を差し上げたい。
そういえば、うちの父親も93歳で亡くなったなあ。あ、しまった。父をこのメンツに並べて書いてしまった。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

2022年8月17日(昨日)のニュースで見た。
オミクロン株になってから、重症化する確率が随分と落ちているコロナだが、子供の感染後の高熱発症率が、格段に上がっているとか。
それを理由に政府は、これまで「意義がある」としていた小児接種を「推奨」に変えたとのこと。
元々「意義がある」とされていたコロナワクチン小児接種は、努力義務ではなかったため、それほど枠の設定がなかった。
ここに来て、「推奨」となり、劇的に問い合わせが増えるのだろうか。すぐに多くの小児用ファイザーを用意できるのだろうか…

ファイザーと言えば、先日、ご主人の予約をしようとした奥様からの問い合わせには驚いた。こちらが、
「すみません。こちらの取り扱いでは、現在ファイザーが全て埋まっておりまして、ご希望の会場でモデルナならご用意できるのですが。」
「あらそう。うちの主人、ファイザー希望なのよね…まあ、いいか。予約しておいて。言わなきゃ分からないし。打てば同じだし。」
「え?しかし、接種を済ませたあとの書面に貼られるシールには、モデルナという記載がありますよ。大丈夫ですか?きちんと言われた方が…」
「うちの主人、拘ってるくせにそういうのを見ないから平気。大丈夫。そっちに迷惑かけないから。」
いや、迷惑かけないのは当たり前なのだが、本当に大丈夫なのだろうか。喧嘩になるといけないし止めたのだが、結局、奥様の熱烈なご希望で、予約となったのであった。

翌日、大丈夫かなあと思って、その方の予約を覗き見ると…キャンセルされていた。予約は電話でされたが、キャンセルはご自身でネットでしたらしい。
なんだか、少しホッとした。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

お盆帰省した。デルタ株が流行った昨年に比べると、感染者が多いとはいえ行動制限がないため動きやすかった。

先週は花火と温泉が目的だったけど、昨日からの一泊は墓参りが目的。

 

しかし、送り盆を間違えてしまった。16日は明日だった。15日に帰省してどうすんだ。明日はコールセンター休めないぞ。

ということで、お仏壇のご先祖様にお断りしてきた。

「家にお帰りいただいてるところを申し訳ありませんが、送り盆の日を間違えてしまいました。これから墓をきれいに整えてきます。明日は送りませんので、ご自身でお帰りください。」

寺の住職やおかみさんにも、そのことを告げると「まあ、いいでしょう」と言ってくれたので、一安心。

秋の彼岸に来ればいいとのこと。しまった。来なきゃ・・・。

ということで、一仕事終えたので東京に帰ります。

 

最近、ちょっとブログの更新が遅いのですが、ちょっとやることがありまして。31日にそれが終わりますから、それ以降、元通りのペースになる予定です。よろしくお願いします。
IMG_4605
夏草が茂っていた実家の社の周りをきれいにしました。蚊がたくさんいて痒くて痒くて。これが限界。あとは秋にやろう。
IMG_4619
IMG_4612
IMG_4620
田舎は空が広い。足利市街の中心部は、電線が地下に移されているから余計に広く見える。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

東京の新規感染者が四万人を超え、同時に日本各地の自治体で感染者数の最多記録を更新する毎日。ワクチンの問い合わせも凄まじい。三週間くらい前までは、いかにワクチンを無駄にしないかを苦心していたのに、今は、「次回をお待ちください」の連続。

そんな中で、我が自治体では、とあるクリニックへの予約希望がやたら多い。他にも空いているのに、かえってそちらの方が家から近い人もいるのに、そのクリニックでどうしても予約をとりたいと言う人が絶えない。こんな緊急時だというのに。それも女性ばかりだからか、

「イケメンの先生でもいるんじゃないの?」

と、昨日営業が終わった時に、あるスタッフが言った。
で、ホームページを調べてみると…いたよ。ものすごいイケメンというわけではないけれど、紳士的で笑顔が素敵な先生様が。

「あー、この人か。分かるなー。」

と、別のスタッフがしみじみと言った。そーなんだ。分かるんだ。この緊急時に、そんなことにこだわるのが。

逆に言えば、感じの良さというのは、本当に大切なことなのだ。もちろん医師としての腕がしっかりあるという前提でのお話だけどね。そういう意味では、緊急時だからこそ、この人なのかもしれないな。

住民は、このステキな先生様に、「コロナワクチン」と同時に「心のお注射」も打ってもらっているわけだ。

ただね、誰が打っても注射器の中身は変わらないですよ。

とりあえず、ワクチンがあるところが見つかったら打ってくださることを願います。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

感染者急増に比例して、ワクチン予約希望者からの問い合わせがコールセンターに押し寄せる中、最近は不届き者からの問い合わせが時々ある。

「すみません。感染者が増えてきたので、三回目接種の予約をしたいんですけど、接種券を捨てちゃって・・・もういらないと思ったんです。券番号って最初から変わらないでしょ?それ覚えてたら接種できますか?」

「券番号のみで予約はできますが、接種券を会場にお持ちいただかないと接種できません。」

国の事業だから、民間のサービスのように、なんでもかんでも融通が利くはずはなく、そこはきちんと案内しなければいけない。

「すいません。接種券の再発行ってできますか?」

「はい、いたします。お問い合わせありがとうございます。」

と、言いながら心の中で「捨てるんじゃねーよ、この不届き者!役所に行って頭下げて来い!」と、思っていることは内緒だ。

いや、接種券を「自分にはこれ以上必要ない」と思って捨てるのは構わないよ。接種は努力義務と言う名の任意だし(任意と言う名の努力義務か?)。

でも、ちょっと感染者が増えたくらいで「やっぱり打ちます」となるくらいなら、とっておこうよ。そんなにかさばるものでもないのだから。え?もう収束すると思った?それは甘いでしょ!

ちなみに、捨てちゃった方は、みんな三十代の若者と若輩者でした。

まあ、「すみません」と、みんな謝っているからよしとしよう。百歩譲って、よく正直に問い合わせてくださった。

と、いうことで、そこの不届き者の方々。接種券をなくしたり捨てたりしても、再発行してもらえるから、安心して問い合わせてください。心の中はともかく、親切に丁寧に対応いたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

このページのトップヘ