マスター・ツートンのちょっと天使な添乗員の話

自称天使の添乗員マスター・ツートンの体験記。旅先の様々な経験、人間模様などを書いていきます。

タグ:コロナ

昨日、仲のいい友人と食べて、飲んだ。
街中はすっかりコロナ禍前と同じようになっている気がした。外を歩く時にマスクを外している人も増えた。
さすがに店の中に入ると、店員さんはマスクをしている。そこだけかな。前と違うのは。

コロナ禍前、接客している人間がマスクをしているのは無礼だくらいのことを言われていたことを思い出す。再びそれが常識となる日がやってくるだろうか。着用は自由、または衛生的で良しとされるような気がしないでもない。

久しぶりにバーに行った。出会った頃は、ベストを来てカウンターの端で仕事をしていた女性が、今や、その店ではメインバーテンダーの証である黒いジャケットを来て、店の中心で凛々しくカクテルを振っていた。
しかも、めちゃくちゃ美味い。考えてみると、彼女がその店に入ってから10年近く経っている。その間にコンクールでタイトルを取った。コロナ禍に入って休業に追い込まれた日々があっても、陰で努力を重ねて、着実にキャリアを積んでいくことを怠らなかった証だろう。

昨日、来年2月のツアーの依頼が来た。随分と先の話だ。だが、今度はパンフレットに名前が載るらしい。振られた仕事は全て受ける。今は何もかも受けて、結果だけを出すことを考える。
しばらくの間は、リクエストされるツアーしか仕事がないだろう。でも、勝手に僕が考えている戦略がある。
ツアーの数が増えてきた時、現在協力的で結果を出せる添乗員が多い派遣元に旅行会社はツアーを提供するだろう。
そう思うと、今はなにからも逃げてはいけない。

ということで、今日も働くか。コールセンターで。
IMG_0249

IMG_0251
IMG_0250
上から洋梨のダイキリ、巨峰を使ったカクテル。いずれもフレッシュフルーツ。下はフラパン。とても美味しいブランデー。贅沢したから、週末は大人しくしています。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

ここに来て、海外ツアーの添乗員レポートをシェアしてもらったり、直接LINEメッセージでアドバイスをもらうのだけど、コロナ感染対策については、驚くほど少ない。
公共交通機関利用の際は、マスク着用を義務付けているケースがあるようだが、ほとんど専用バスで移動するツアーには関係ないから、そのあたり実感がないのだろうか?打ち合わせで確かめるだけで十分ということか?
物価高についても殆ど記されていない。どこかの芸能人など「日本が終わった」くらいの勢いでブログに書いていたのに。地域や訪問国によって、実感に差があるのは確かだろうけど、僕の知り合いは、だれもそこに言及していないってどういうことなのか?
ネガティブなことを避けているのか?当たり前だから書かないのか?それとも久々の海外で、物価以上に気分が舞い上がっているのか。
これも打ち合わせまで待つか。

久しぶりの添乗まで、あと15日。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

2022102日の夕方。知り合いからメールが入った。

「ハワイ行きの便が取れたので急遽行くことにしました。今、羽田です。国際線は賑わっていますよ。ラウンジにもけっこう人がいます。ツートンさんの本業再開も近そうですね!」

僕自身、各空港の国際線エリアには、20203月以来行っていない。直接の知り合いから聞いた現場の情報は初めてだ。

そうか。賑わっているか。それはよかった。思わず電話をかけて話してしまった。

10月に入り、もう3日なのかまだ3日なのか。あー・・・下旬が待ち遠しい!

 

ところで、オミクロンワクチンは、せっかく政府が早く対応にしたのに、いまいち予約の出足が鈍い。検査陽性者数が少ない時は、こんなものなのだな。
IMG_0231
IMG_0232
IMG_0225
IMG_0228
IMG_0233
IMG_0215
週末の隅田川周辺。特に永代橋付近は最高に美しかった!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

自宅に4回目用のコロナワクチン接種券が届いた。既存のファイザーとモデルナは、60歳以上の高齢者、基礎疾患保持者、医療従事者等、一部の人が対象だったが、今度始まったオミクロン対応ワクチンは、2回目までの接種を終えた12歳以上の全世代が対象だ。(4回目を既存のワクチンで接種した人たちも、現時点では5か月経てば5回目として接種できる。現時点でというのは期間短縮もありえるから)

とはいえ、感染者は減少傾向にあるし、免疫が低いと言われる高齢者や基礎疾患保持者ならともかく、この短期間に、4回もの接種が果たして自分に必要なのだろうか。

ワクチン業務に携わりながら、接種率を上げるために現場でできることに知恵を絞りつつ、そんなことを考えた。

結果、オミクロン対応ワクチンを10月上旬に予約した。

健康に関しては、長期的と短期的な部分それぞれに考えないといけないと思う。

長期的に見て、将来ワクチンの影響が体にどう出るかについては、少し心配だ。

短期的に見たら、今はコロナ罹患を避け、或いは罹患したとしても重症化しないようにすることが大切だ。少なくとも、僕にとってはそうだ。なぜなら、僕は、海外添乗員だからだ。今月20日過ぎから2年半ぶりの添乗に出る。

既に出ているツアーでは、お客さんや添乗員がコロナを罹患して大変なことになったものがあるという話も聞く。

お客さんはともかく、添乗員が罹ることは許されない。誰が罹ってもおかしくないとは言うけれど、この場合それを言えるのは、旅行の現場にいない第三者の立場であり、参加客からしてみれば、病気や怪我が原因で添乗員が離団するなどたまったものではない。

100%はありえないが、確率を下げるためにワクチンを打つ。無事に帰ってくることが当たり前の添乗員の仕事だが、今はかつてないほどそれが難しい。

少々副反応がきついと言われるコロナワクチンを打ち続けるかどうかは、今後、ますますその人の事情と判断によると思う。僕の場合、今回までは打つ。

本業再開のお守りとして。

 

なお、ワクチンのデータなどについては、今の副業柄、しっかりと調べたうえでの判断だ。
870DE441-1899-446D-8BD6-2EE06AA21B36
05BEA836-214B-4590-A609-5287F162E537

そして、こんな景色の中を案内したい。上はアルベロベッロ。下はバチカンはサン・ピエトロ寺院の夕景。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

昨日のオンライン旅行イベントで感じたこと。
お客さんからの質問が、かなり実践的なものになった。
特に物の値段についての質問が多かった。もともと物価の高さで知られる北欧が、今の円安でどういうことになっているか知りたかったのだろう。

なんにせよ昨日はよく喋らせてもらった。喋り過ぎた。現地について話すべきことは、前もってよく整理していたつもりだが、いざ、あのような場所に立つと、いろいろ思い出して、さらに話してしまう。

担当者からは、
「熱過ぎです。」
「詳し過ぎです。」
「もはや伝説です。」
と、6秒くらいの間に一気に言われてしまったから、よほど喋ったのだろう。
でも、お客さんからの評判は悪くなかったらしく、次の仕事ももらえたし、さらに別の国のイベントもやらせてもらえるらしい。今度は、「伝説再び」などとならないようにしよう。

コールセンター、旅行イベント、そして間もなく添乗。旅行の仕事の割合が段々と増えてきている状態に感謝。
さて、今日からは、しばらくワクチンコールセンターだ。オミクロンの予約が始まった。
意外と早く始まったな。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

今日は、午後三時から海外旅行のオンラインイベントに出る。

ただいま予習中。海外ツアーはおろか、イベントのスピーカーも久しぶりだから緊張する。

十月下旬に出発する添乗のいいリハビリになりそうだ。
その証拠に、けっこう緊張している()

当日話すべき内容を担当者からもらい、一通りチェックをしたが、とちるとかっこ悪いから、今から練習していこう。リハーサルだ、リハーサル。

今日のイベントは、今までとは違うつもりでいる。少しずつではあるが、海外ツアーは動き始めている。コロナ禍に入ってからの海外旅行イベントは、「せめて現地の映像を見て情報だけでも知りたい」方々の気休めだった。

だが、今回は、今年の冬や、近々発表されるであろう来年の春以降ツアーの売り上げにつながるものだと思っている。

パソコンやスマホの画面を眺めている人も、きっと真剣にご覧になって、旅行選びの参考にされることだろう。

 

ふー・・・。この緊張感。これだよこれ!
IMG_0497
7B29EDE7-6038-442D-8F82-CF1159127D10
こんな景色について語りたいですね。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

8月に、僕のことを幼少の頃からかわいがってくれた叔父が亡くなった。

葬儀は家族で済ませた。墓は、本人の希望もあり故郷の足利市にある、実家の墓の敷地内の空いているところに、自家の墓誌を建てたいと、ずっと前から言っていたので、その願いをかなえることになった。

四十九日の法要に合わせて建てられたところに、無事に埋骨を終えた。 嬉しいことにと言ったら語弊があるかもしれないが、この日は、親戚の大半が集まることができた。

二年前の三月に父が亡くなった時は、コロナ禍が本格化する、超がつく直前だった。あれから一週間経つと、通常のお葬式はできなくなっていたのを思い出す。

そういった意味では、規制が弱まってきた中で、叔父が久しぶりにみんなを会わせてくれたと思えなくもない。

話好きの叔父は、遺影の中で会食に参加しているようだった。あの時、初めてもう会えないのだと実感したが、あらためてそう思うと、寂しい。

 

ところで、埋骨の際は、「親父のだけでなく、敷地内の墓にはすべてたっぷり花を添えよう」と、従弟が張り切っていたのだが、「(安倍元首相の)国葬のために、花が思うように入ってこないかもしれない」と花屋から言われたそうだ。「国葬ってそこまで花を使うのか」と心配したが、最終的には手に入ってよかった。

 

さて、28日は、久しぶりに旅行イベントだ。今度こそ、コロナ禍は終わりに近づいている。お客さんたちをたびに引っ張れるような案内をしなければ。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

久しぶりに海外旅行のオンラインイベントの仕事が入った。昨年、オミクロンが流行り始めて以来、海外の仕事は、ワクチン業務との兼ね合いもあり、全くもって無縁だったが、ようやく久しぶりの実戦だ。テーマは、散々まかされていた北欧。十日ちょっと後に控えているので、今からいろいろ思い出して、面白い話ができるようにしたい。

来月21日からいただいているイタリアのツアーは、なんとか出そうだし、年明けにも一本ツアーをいただけた。年末年始のツアーも、どの程度の数が催行するかにもよるが、ひょっとしたらいただけるかもしれない。

海外旅行関係の仕事をこれだけ意識できるのは、いつ以来だろう。胸が躍る。本当に何もかも待ち遠しい。

だが、ずっと自分の本業が閉ざされた状態であったためか、すべてにおいて前向きになれるかというと、そうでもない。

未だに、「コロナ感染者が増えてツアーがキャンセルになるのでは・・・」と思ってしまうことはあるし、そういう夢を見ることもある。ウクライナ情勢のさらなる悪化も気になって仕方ない。

そんな不安があるから、今感じている「待ち遠しさ」には、嬉しさだけでなく悲愴感が漂う。日が経つのがとても遅く感じて仕方がない。イベントもツアーも、自分の手からこぼれ落ちてしまったらどうしようかと気が気でない。早く時が過ぎて自分のところに来て欲しい。

 

コロナに円安にウクライナ情勢といった具合に、世の中には海外旅行に不利な事柄がずらりと並んでいるから当たり前なのだが、現状の高価格やその他条件で海外旅行をしようとする人は、まだまだ少なく、どうしても海外旅行をしたい人だけが、しているという今の旅行業界の状態は、現在の世の中の状態に見合ったものではある。

今、僕が思うべきは、希少なツアーをいただけて、内でも外でも納得してもらえる結果を出し、コロナ禍前と変化した旅行事情を、添乗員仲間や一般人に伝えることなのだと、自分に言い聞かせているが、それにはまず仕事来い来い。

 

ここからは冗談まじりで書くけれど、「ツアーをもらえるかもしれない」状態は、多少心理に影響するようで、例えばこの前、エリザベス女王の棺を中心とした行進がロンドン市内で行われている様子をテレビで見た時、不謹慎ながら

「添乗中でなくてよかった。今日、ロンドンにいる添乗員は大変だろうな。」

と思ってしまった。(女王陛下、申し訳ございません。しかしながら、大規模な道路規制は、お客様の一生に一度のご旅行に多大な影響を及ぼすのでございます)

行進の際、沿道に多くの市民が集まる様子を見て、

「ある意味、この状態だけを見たら金日成、金正日両総書記が亡くなった時の北朝鮮と変わらないな。」

と、思った瞬間、大きな違いを発見した。

平壌では、行進で棺が通り過ぎる時に沿道の市民全員が漏れなく大号泣しているのに、ロンドン市民は、みんなスマホのカメラを構えていた。なんという文化の違いだろう。

「これは、添乗中のバスの中でのトークに使えるかもな・・・」

などど思ってしまった。

添乗員のスイッチが入ってきたかもしれない。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

日曜日に大相撲を生まれて初めて見に行った。升席後ろから二番目だったが、十分に迫力を感じた。やはり、スポーツは生観戦が楽しい。

ところで、この日は力士に関する意識変化が自分の中であった。ふだんテレビでは、中入り後の取り組みしか見ない。そのせいか前頭下位の取り組みは、前座のような気分で見ている。

でも、この日のように三段目の取り組みから見ていると、(このクラスでも生観戦なら十分に迫力がある)前頭以上は、いかに多くの力士の中で上位に上り詰めたアスリートであることが分かるのであった。

いや、中入り後になると、体つきもオーラもまるで違ったし、取り組みの力も拮抗していたし、見ているだけでアドレナリン全開だった。
IMG_0014

まだ人が少ない三段目の取り組みの頃。これくらいから観戦したいね。ちなみに館内にあるちゃんこ鍋屋や弁当屋は大混雑。 

IMG_0013
国技館名物の焼き鳥。こういうのをつまみながら、早いうちからのんびり観戦がいいよ。
一方、僕特有の職業病も出た。

「力士って身体大きいなあ。この人たち、全員BMII30以上あるよな。基礎疾患持ちの扱いじゃん。・・・みんな4回目のワクチン打ったかな。」

みたいな。

そんなことを考えていたら、取り組みの合間に土俵上に掲げられる懸賞旗に「モデルナ」を見つけて笑ってしまった。しかも七回も出てきた。紹介原稿は「メッセンジャーRNAのモデルナ」であった。写真撮っておけばよかったな。

本当、国技館もコロナ禍色だね。

IMG_0018
IMG_0020
中入り後の土俵入り 
IMG_0021

横綱照ノ富士の土俵入り
IMG_0024
貴景勝と逸ノ城の取り組み。逸ノ城が強かった!

個人的には、芝田山親方が売っていたビスケットのつかみ取りを楽しませていただいてありがとうございます。
 

さて、頑張っているモデルナのために接種回数上げるべく、今日もワクチン業務に励もうか。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

オミクロンワクチン接種の開始が、早ければ九月中旬と政府が言ってしまったおかげで、コールセンターの電話が、極端に減った。
「少しでもはやく打ちたい」と既存のワクチンを予約しようとする人もいるにはいるが、モデルナしかないと分かると、「オミクロン対応が来るまで待つ」という人もいる。発表があった時点で、オミクロンと決めている人が多いから電話が減ったのは間違いない。
新しいワクチン株は、古参の株にさっさと取って代わると言うけれど、ワクチンもそうだ。新しいものが来ると分かった途端、既存に取って代わってしまった。まだ来てもいないのに。

中には、ちょっとした政治家気取りの分析で、

「今は、国葬やら円安やら与党が叩かれている時だから、諸問題から目を逸らせるためにも、オミクロンワクチンの対応は早いと思った。俺たちみたいな、一番うるさい年寄りを黙らせればいいんだからな。読み通りだ。」

なんてことを言う人もいる。ここに政局話を持ち込むか。しばらく選挙もないのに。
「この手の話には適当にお付き合いください」と、自治体からは言われているけれど、付き合わなければいけない人たちが多くて大変だ(笑)
「流石に読みが鋭いですね」などと余裕の対応をしているスタッフを見ると、大人だなあと感心してしまう。

オミクロンワクチンはオミクロンウイルスに対応しているものだから、既存よりそちらを打ちたいという人の気持ちはわかる。
だが、既存のワクチンもある程度の効果はあると言われている。寧ろ、むやみに間を空けるなら既存を打ったほうがいいというのが定説だ。
今、4回目対象となっていながら、未接種でオミクロン対応に多くの人が流れるというのは、その分の既存ワクチンが破棄されるということだ。
それこそ、「何のために税金を払っていると思ってるんだ」と電話の向こうで言っている人たちが払った血税で購入された大量のワクチンが、使われないまま大量に捨てられるのだ。そこを気にする人は、あまりいないのだろうか。
僕は、下手な政局の読みよりそちらの方が気になる。
コールセンターは、ワクチン事業の末端だ。国策の末端だから、それなりに政治を意識はしてきた。そして、「少しでもワクチンを無駄にしないように効率良く」を意識しながら仕事をすることが、末端にいながらできる政治であると思ってきたから、多くのワクチンを残したまま、新しいオミクロン対応が始まってしまうことには、多少の戸惑いがあった。

だが、そろそろ気持ちを切り替えないといけないところに来たのかな。

思ったよりも早く始まりそうだ。僕が担当している自治体では、九月の下旬に予約が始まり、十月の上旬から接種が始まるらしい。
もっと早く始まるところもあるらしいけど、どうやってるんだろう。うちの自治体がトロイとは思わないんだけど。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

このページのトップヘ