マスター・ツートンのちょっと天使な添乗員の話

自称天使の添乗員マスター・ツートンの体験記。旅先の様々な経験、人間模様などを書いていきます。

タグ:海外旅行

昨日、仲のいい友人と食べて、飲んだ。
街中はすっかりコロナ禍前と同じようになっている気がした。外を歩く時にマスクを外している人も増えた。
さすがに店の中に入ると、店員さんはマスクをしている。そこだけかな。前と違うのは。

コロナ禍前、接客している人間がマスクをしているのは無礼だくらいのことを言われていたことを思い出す。再びそれが常識となる日がやってくるだろうか。着用は自由、または衛生的で良しとされるような気がしないでもない。

久しぶりにバーに行った。出会った頃は、ベストを来てカウンターの端で仕事をしていた女性が、今や、その店ではメインバーテンダーの証である黒いジャケットを来て、店の中心で凛々しくカクテルを振っていた。
しかも、めちゃくちゃ美味い。考えてみると、彼女がその店に入ってから10年近く経っている。その間にコンクールでタイトルを取った。コロナ禍に入って休業に追い込まれた日々があっても、陰で努力を重ねて、着実にキャリアを積んでいくことを怠らなかった証だろう。

昨日、来年2月のツアーの依頼が来た。随分と先の話だ。だが、今度はパンフレットに名前が載るらしい。振られた仕事は全て受ける。今は何もかも受けて、結果だけを出すことを考える。
しばらくの間は、リクエストされるツアーしか仕事がないだろう。でも、勝手に僕が考えている戦略がある。
ツアーの数が増えてきた時、現在協力的で結果を出せる添乗員が多い派遣元に旅行会社はツアーを提供するだろう。
そう思うと、今はなにからも逃げてはいけない。

ということで、今日も働くか。コールセンターで。
IMG_0249

IMG_0251
IMG_0250
上から洋梨のダイキリ、巨峰を使ったカクテル。いずれもフレッシュフルーツ。下はフラパン。とても美味しいブランデー。贅沢したから、週末は大人しくしています。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

ここに来て、海外ツアーの添乗員レポートをシェアしてもらったり、直接LINEメッセージでアドバイスをもらうのだけど、コロナ感染対策については、驚くほど少ない。
公共交通機関利用の際は、マスク着用を義務付けているケースがあるようだが、ほとんど専用バスで移動するツアーには関係ないから、そのあたり実感がないのだろうか?打ち合わせで確かめるだけで十分ということか?
物価高についても殆ど記されていない。どこかの芸能人など「日本が終わった」くらいの勢いでブログに書いていたのに。地域や訪問国によって、実感に差があるのは確かだろうけど、僕の知り合いは、だれもそこに言及していないってどういうことなのか?
ネガティブなことを避けているのか?当たり前だから書かないのか?それとも久々の海外で、物価以上に気分が舞い上がっているのか。
これも打ち合わせまで待つか。

久しぶりの添乗まで、あと15日。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

http://mastertwotone2020.livedoor.blog/archives/14390127.html

(これまでの登場人物は、こちらでご覧ください。)

=============

「心配しないでください。絶対後悔しないし戻ってきませんから。」

「いや、とっとと後悔して戻って来い。後悔先に立たずだが、この場合、後悔後に立っても問題なしだ。正社員の復職とは訳が違う。添乗員の派遣登録などあっと言う間だ。すぐに復帰できる。」

礼儀正しく辞める報告をしようとしたのに、匡人には、気持ちよく送り出そうとする様子が全く見えなかった。二人は、居酒屋でビールと枝豆と茄子の浅漬けだけを頼み、それすら全てたいらげずに出てきた。

============

「それ本当?巴さんが、あなたにそんなことを言ったの?」

失望とさえ言ってもいいような気持ちを匡人に抱いた杏奈は、やるせない気持ちをぶつけるべく優佳に電話をしてきた。あの時の美しい涙の別れはなんだったのだろう。

「ひどいですよ!頑張れの一言もなしですよ。優佳さんが、巴さんのことを悪く言うのがよく分かりました。」

杏奈が、泣く一歩手前のテンションで訴えているのを聞きながら、優佳は匡人がそんなことを言うなど信じられずにいた。

派遣元での匡人の立ち振る舞いは、かなりはっきりしている。例えば、後輩たちに対してなら、多少能力的に劣っていても頑張っている者には、優しく声をかけて聞かれたらなんでも答える。能力の有無にかかわらず努力が見えない後輩には、びっくりするくらい見向きもしない。能力があって努力している後輩はかわいくて仕方ないようで、自分からなんでも教える。時に迷惑がられるくらいだ。傍から見ていて驚くほど分かりやすい。「この人は、添乗中、複数のお客さんと公平に接しているのだろうか」と心配になるほどだ。

杏奈は、最後の、「能力があって努力するタイプ」だ。おまけに背の高い美人だし、他のどんな若手や後輩よりもかわいがっていた。彼女が辞めることで残念な気持ちは分かる。優佳もそうだ。だが、本当にかわいがっていたなら、別れ際、最後に励ましの言葉くらいは贈って欲しいと思った。

============

匡人の冷たく厳しい態度の理由が分かったのは、それから二日後のことだった。

スカイツアーズの打ち合わせに出向いた優佳は、添乗員ルームで匡人を見つけた。この旅行会社の打ち合わせ時、添乗員のデスクは常に指定制だ。だいたい同じ派遣元の添乗員同士でまとめられる。この日、ドルフィンから来た添乗員は四人。優佳と匡人は隣同士だった。ふだんの優佳なら「げ!」と思うが、この日は違った。杏奈とのことを聞くいい機会だと思った。

「お!珍しい。今日はこっちなのか。」

優佳に気付いた匡人が先に声をかけた。優佳が軽く会釈をしてとなりに座った。

「有事ならではのアサインだそうです。私はあっちのほうがいいんですけど。」

「僕にとっては、あっちのツアーに行くほうが、よほど有事だ。」

「こっち」というのは、この場合スカイツアーズのことだ。「あっち」は、ニューワールドを指す。現場では、旅行会社の名前を出さないのがマナーだ。ともに格安系のパッケージツアーを主要商品としている。匡人は、このスカイツアーズと、高額商品のGTS、そして超高額商品のファーストクラストラベルで仕事を回している。

優佳の仕事の大半はニューワールドだ。その中で格安から高額商品まで、いろいろこなしている。稀にスカイツアーズの仕事が入る。

添乗員が働く旅行会社は、営業が決める。細かい行き先が添乗員の思い通りになることはあまりないが、旅行会社は添乗員個人との相性があるので、ある程度願いがかなえられることが多い。

慣れないスカイツアーズのオフィスで、優佳は匡人にいろいろ聞きながら準備を進めた。他のベテラン勢二人も、よくここには来るはずなのだが、匡人の仕事のスピードが断然早い。彼の準備の早さについては、自分も見たことがあったし、他の添乗員からもよく聞く。しかし、これほどだったろうか。

優佳は、舌を巻きながらハッと気づいた。杏奈のことを話さなくては。

「巴さん。今日、準備の後、少し時間を取ってくれませんか?たまにはご飯でも行きましょうよ。話したいことがあるんです。」

「珍しいね。福居が誘ってくれるなんて。」

と、言いながら、匡人は少し不満そうだ。

「嫌なんですか?」ムッとして優佳が尋ねた。

「せっかくだから行きたいよ。でも、夕飯の時間まで待たないとだめなの?僕、もうすぐ終わるんだけど。」

「え?まじ?まだ始まって一時間ちょっとしか経っていないですよ。お客さんへの挨拶電話は?」

「これから始めるけど、二十人のグループで、夫婦が八組だから。一時間もあれば終わるよ。」

「二十人で夫婦八組。一人の方が四人・・・合計十二件の電話を一時間?」

「終わるよ。よほど質問が多い方がいなければね。」

ベテラン二人のうち、四十代後半の男性が呆れた顔で二人のほうを向いた。

「こいつ、本当にやっちまうからなあ。必要最低限のことしか話さないし。あれでいいのかって思うよ。」

「電話なんて、お客さんのほうだって早く切りたいんですよ。暇じゃないんだから。どうしても言わなきゃいけないことを言って、細かいことは、その場その場で案内したほうがいいに決まってます。電話でいろいろ言われたって、なかなか理解できませんよ。それこそ添乗員の自己満足です。」

ベテラン男性添乗員は、顔を真っ赤にして、何か言いたいことがあるのを堪えているかのように作業に戻った。年齢でなく、実力が全てである添乗員の世界を象徴している風景だった。

かつて人間関係に苦労したせいか、他人から自分の仕事への干渉、ことベテラン添乗員からつまらない指摘を受けた時の匡人は容赦がない。意見が対立した時は、寄せ付けないどころか遥か彼方に相手を遠ざけるような物の言い方をするところがある。口調は冷静でも、言葉の端々に突き刺すような何かを感じる。

少々怒っているような匡人の表情を見て優佳は思った。「雰囲気悪くなったし、今日は話さなくてもいいかな・・・。」

今日は自分が気圧されていた。精神的に不利な立場で匡人と話したくない。

「巴さん。私、もう少し時間かかりそうだから、また今度にしましょうか。」

「いや、いいよ。待つ。」

「え?待てないんじゃないんですか?」

「待つのは嫌だけど、今日は待つ。夕飯の時間までかかるならそれまで待つよ。僕も福居と話したかった。たぶん、お互いに同じことを話したいんだと思う。」

「・・・そうかもしれませんね。」

「木崎のことだろう?」

「はい。」

「待つよ。」

「ありがとうございます。」
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。


2022102日の夕方。知り合いからメールが入った。

「ハワイ行きの便が取れたので急遽行くことにしました。今、羽田です。国際線は賑わっていますよ。ラウンジにもけっこう人がいます。ツートンさんの本業再開も近そうですね!」

僕自身、各空港の国際線エリアには、20203月以来行っていない。直接の知り合いから聞いた現場の情報は初めてだ。

そうか。賑わっているか。それはよかった。思わず電話をかけて話してしまった。

10月に入り、もう3日なのかまだ3日なのか。あー・・・下旬が待ち遠しい!

 

ところで、オミクロンワクチンは、せっかく政府が早く対応にしたのに、いまいち予約の出足が鈍い。検査陽性者数が少ない時は、こんなものなのだな。
IMG_0231
IMG_0232
IMG_0225
IMG_0228
IMG_0233
IMG_0215
週末の隅田川周辺。特に永代橋付近は最高に美しかった!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

http://mastertwotone2020.livedoor.blog/archives/14390127.html

(これまでの登場人物は、こちらでご覧ください。)

=============

-20114月中旬 東京-

ドルフィンを去るにあたって、杏奈は、大半の仲間には電話で知らせた。ふだんはオフィスで会わない添乗員同士のお知らせなどそんなものだ。

しかし、三人だけには実際に会って報告した。一人は同期の元子。そして優佳と匡人だ。一年半の添乗員生活の中で、この三人とは、特に付き合いが深かった。

二人の先輩のうち、優佳は残念がりながら杏奈の決心を尊重した。

「あなたの力があれば、どの業界でもやっていけるよ。」

引き止められなかった自分の無力さを感じながら、精いっぱい前向きな笑顔で送り出そうとしたが、・・・だめだ。涙が出てしまう。

杏奈ももらい泣きだ。初添乗前の研修旅行ツアーでは優佳が講師だった。小柄だがパワフルに動き、優しいが強い言葉でお客さんを導き、きめ細やかなサービスで喜ばせていた。

「添乗員は、英語ではツアーリーダーって言うでしょ?文字通りリーダーなの。だからリーダーシップを発揮しないとお客さんがついてこないんだよ。」

そう言いながら、お手本のようなリーダーシップを見せてくれた。事あるごとにメールでアドバイスをくれた。まだまだ教わりたいことがたくさんあった偉大な先輩であり、師匠だった。

「絶対にやめちゃだめだよ」と言われ続けていたので、この時は、いろいろ厳しいことを言われると思っていたが、様々な思いを堪えるように優しくしてしてくれるから、よけいに切なく涙が出た。
一度も肩をつけない杏奈のカフェラテは、ラテアートのラスカルがそのまま残っていた。

=========

「すぐに取り消せ。この時期にそんなことで辞めるなんて馬鹿げている。」

予想していなかった匡人のきつい反応に、杏奈は一瞬呼吸が止まるほど驚いた。報告の際、優佳からは厳しい言葉を、匡人からは優しい言葉をかけられると思っていたが、実際は真逆だった。

熱血指導の優佳に比べて、匡人はいつも冷静なアドバイスをくれた。くだらない悩み事を言っても、怒られたことがない。若手の自分の言葉を、いつも吸収してくれた。しかも、会話がウィットに富んでいて実に面白かった。スリムでやや長身の美人である杏奈は、時々男性陣から飲みに誘われたが、二人だけの誘いに応じたのは匡人の時だけだ。そのスマートなエスコートは日本人離れしていて、時々誘われるのが楽しみだった。

この日も、最後の「デート」を楽しみにしていたのだが・・・。

「だいたい居酒屋ってなに?今アルバイトしているところだろ?」

「はい。店長に正社員の登用制度があるからやってみないか誘われました。添乗員みたいに、急に仕事がなくなることもないし、安定していそうだし、いいかなって。」

「添乗員だって、今みたいなことは滅多にないよ。」

「それはそうかもしれないけど・・・」

「本当の理由はなんなんだよ。安定だけ?目先のお金のこともあるんじゃないの?家賃が重くなっちゃったとか。一気に貯金を切り崩すのが怖いとか。」

図星だった。仕事が安定してきて、前職も含めてやっとの思いで貯めた七十万円ほどの貯金が、一気になくなってしまうような気がして怖かった。優佳から、「巴さんは、お金に困ったことがないから、駆け出しの頃の貧乏添乗員の気持ちは分からない」と聞いていたが、そんなことはなかった。

気持ちは分かるかと言われたら、分からないかもしれない。だが、匡人はこの件で優佳に「苦労知らず」呼ばわりされたことで、金銭の話には敏感になっていた。それに家賃は、急な節約を求められた時、突発的に出費を削ることができない唯一のものだ。使用を控えることで、多少コストを抑えられる光熱費とは違う。辞める動機に挙がることは容易に想像できる。

「一気にお金がなくなるのが精神的に負担だったら借りればいい。」

「え?誰から?」

「親に決まっているだろ。」

「そんな・・・実家に帰って来いって言われちゃいますよ。」

「こんな時のための親だろ?事情を話せば貸してくれるって。くださいって言っているわけじゃないんだから。家賃いくらなの?」

「・・・六万八千円です。」

「じゃ、とりあえず三か月分だな。二十万円を親から借りろ。必ず返すからって。それくらい猶予があれば、添乗員の仕事は戻ってくる。木崎なら、添乗が始まれば問題なく返せる金額だ。しかも親なら無利子だぞ。たぶんな。」
尤もげではあるが、匡人にしては、かなり強引な言い方だった。

「ちょっと、なにを勝手に・・・」

「居酒屋の仕事で安定してたとして、お金の心配がなくなった後、その仕事を続けられるのか?二か月で添乗の仕事が戻ってくる保障はないかもしれない。なら、居酒屋のほうはどうなの?正社員の登用制度ってなに?試験はあるの?あるとして、いつから受けられるんだ?確実に正社員にたどり着けるのか?」

「それは・・・」

「調べてないのか?せめて調べてからそこに行けよ。」

厳しい言葉に、杏奈は唇をかんだ。

「きっと続かないけどね。居酒屋の仕事は、添乗員の仕事があって、その合間だから今までは続けられた。それ一本に絞ったら無理だよ。君が続けられる仕事じゃない。」

「なんですかそれ!居酒屋の人に失礼じゃないですか!」

「居酒屋の悪口を言ったんじゃない。君には続けられないって言ったんだ。」

この日の匡人は、今までの優しい先輩である彼とは違った。杏奈は、優佳が「あの人とだけは合わない」というのが、初めて分かったような気がした。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。


http://mastertwotone2020.livedoor.blog/archives/14390127.html

(これまでの登場人物は、こちらでご覧ください。)

=============

「成長したね、元子ちゃん。」

愛は、素直に言った。元子は、目上の人間からの指示にはよく従うが、全てにおいて従順なわけではない。一貫していない指示には容赦がなく、平気で上に文句を言う、けっこう怖い若手なのだ。

しかし、この時は、すべての経緯をトータルで冷静にとらえ、自分の中で折り合いをつけていた。今の彼女が、ポルトガルで地震発生の知らせを受けていたなら、理不尽な担当者の指示など待たずにベストな対応をしただろう。

「こいつが添乗に出られないのはもったいないなあ・・・」と、杉戸は思った。

優秀な若手は、トラブル後の適切な助言と指導で飛躍的に伸びることがある。今の元子にはその気配があった。地震から三週間も経っていないのに大したものだ。少しでも早く現場復帰できる方法はないだろうか。

「雪輪は、二か月間くらいしたら添乗に戻れるというのは信じてくれているわけ?」

杉戸が尋ねた。

「え?なんですか、いきなり。」

「さっき、『本当に二か月なんですか?』ってすごまれちゃったけど、あれは木崎の代弁だろ?今の話を聞いていたら、お前は違うのかなあって。」

「納得というか、実際にツアーがないのだから、仕方ありません。こんな状態だから使う添乗員も限定して、自分がそこに入らない基準も言ってもらえたから、そこは納得しています。」

「それはさっき聞いた。だから二か月は?」

「二か月が三か月でも大丈夫ですよ。私はね。」

「え?そうなの?」

「外された基準が分かっているから、ツアーが増えれば仕事が戻ってくるんだろうなとは思えますしね。それが三か月後でも私は大丈夫です。ドルフィンで内勤のお仕事もらえているし、一応少しは貯金あるし・・・」

「自宅だしね。」

愛が入り込むと、元子は彼女と目を合わせた。僅かに間を置いてテンション高く言った。

「そこですよね、結局。両親に感謝!」

「あ・・・そうだよな。そういうことか。」

考えるまでもなかったことに気付き、杉戸は頭を掻いた。。

「そうですよ。杏奈ちゃんは、外れた基準が曖昧だから二か月経っても仕事が戻ってくるか不安なんです。彼女は一人暮らしだから、収入が途切れるって大変ですよ。それでも毎月家賃の支払いはやってくるって悩んでいました。家賃は大きいですよ・・・。」

「うーん・・・」

同じ一人暮らしの優佳は、その苦しさを経験で分かっている。若手の頃は添乗の合間にたくさんのアルバイトをこなしたと聞いたことがある。暇つぶしではなく、生活のためにだ。だから、杏奈に対する旅行会社の扱いを許せなかった。

「でも、ツアーが増えてきた時に、一人暮らしの人から仕事が入るってことはないですよね?」

「それはない。」

愛の問いに、杉戸は即答した。

「そこは完全に実績と実力だよ。まだ潰れていない五月以降のツアーは、だいたいアサインは決まっているんだ。だから雪輪。油断しないで心の準備しておけよ。今のままいけば、君はすぐに仕事が入る。」

「はい。」

真面目な顔で、しかし嬉しそうにこたえた。「よかったねー、私はあなたを信じていたよ」と言いながら愛が元子を抱きしめた。「ありがとうございますー」と愛を受け止めながら元子もじゃれていた。

この二人の出会いは、同じ派遣元の先輩、後輩としてではなかった。元子が初めてアラスカ添乗をしたとき、彼女のグループのガイドとして一緒に仕事をしたのが愛だった。つまり、現場においては、愛が元子を接客する立場とも言えた。そこから仲良くなり、ツアー終盤に同じ派遣元に所属していることが発覚した。

そういう経緯のため、通常の派遣元の先輩と後輩にしては、かなりフランクな関係だった。元子がいろいろ愛に教わるようになってからも、それは変わらない。優佳と杏奈の師匠と弟子のような関係とは対照的だった。

帰り道、杉戸は考えた。多くの添乗員が思っているほど、このトンネルは長くない。すぐに出口は見えてくる。だが、杏奈のように家賃の支払いに苦しんでいる者にとっては、この二か月は窒息するような苦しみなのだ。次々と派遣元を離れていく若手たちを止めることは難しい。

この現象が続けば、短いと思ったトンネルを抜けた時、今度は確実に添乗員が足りなくなる。

海外旅行を取り巻く環境は、良い方向に向かっているはずなのに、業界は逆の方向に向かっているような気がした。

「どうすればいいのだ。」

営業も、社長の本城も、同じ思いを抱えていた。

そして一週間後、杏奈から「添乗員を辞める」と申し出があった。
IMG_0168
知る人ぞ知るポルトガルで売られているタコの缶詰。実はスペイン製品。しかし、実際はスペインよりもポルトガルでよく見かける。少数だが、モロッコのスーパーにも売っている。そのまま食べてもよし。パスタに和えてもよし。プレーンのオイル付け、パプリカ入りのオイル付け、ガーリック風味のオイル付けの三種類ある。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。


自宅に4回目用のコロナワクチン接種券が届いた。既存のファイザーとモデルナは、60歳以上の高齢者、基礎疾患保持者、医療従事者等、一部の人が対象だったが、今度始まったオミクロン対応ワクチンは、2回目までの接種を終えた12歳以上の全世代が対象だ。(4回目を既存のワクチンで接種した人たちも、現時点では5か月経てば5回目として接種できる。現時点でというのは期間短縮もありえるから)

とはいえ、感染者は減少傾向にあるし、免疫が低いと言われる高齢者や基礎疾患保持者ならともかく、この短期間に、4回もの接種が果たして自分に必要なのだろうか。

ワクチン業務に携わりながら、接種率を上げるために現場でできることに知恵を絞りつつ、そんなことを考えた。

結果、オミクロン対応ワクチンを10月上旬に予約した。

健康に関しては、長期的と短期的な部分それぞれに考えないといけないと思う。

長期的に見て、将来ワクチンの影響が体にどう出るかについては、少し心配だ。

短期的に見たら、今はコロナ罹患を避け、或いは罹患したとしても重症化しないようにすることが大切だ。少なくとも、僕にとってはそうだ。なぜなら、僕は、海外添乗員だからだ。今月20日過ぎから2年半ぶりの添乗に出る。

既に出ているツアーでは、お客さんや添乗員がコロナを罹患して大変なことになったものがあるという話も聞く。

お客さんはともかく、添乗員が罹ることは許されない。誰が罹ってもおかしくないとは言うけれど、この場合それを言えるのは、旅行の現場にいない第三者の立場であり、参加客からしてみれば、病気や怪我が原因で添乗員が離団するなどたまったものではない。

100%はありえないが、確率を下げるためにワクチンを打つ。無事に帰ってくることが当たり前の添乗員の仕事だが、今はかつてないほどそれが難しい。

少々副反応がきついと言われるコロナワクチンを打ち続けるかどうかは、今後、ますますその人の事情と判断によると思う。僕の場合、今回までは打つ。

本業再開のお守りとして。

 

なお、ワクチンのデータなどについては、今の副業柄、しっかりと調べたうえでの判断だ。
870DE441-1899-446D-8BD6-2EE06AA21B36
05BEA836-214B-4590-A609-5287F162E537

そして、こんな景色の中を案内したい。上はアルベロベッロ。下はバチカンはサン・ピエトロ寺院の夕景。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

http://mastertwotone2020.livedoor.blog/archives/14390127.html

(これまでの登場人物は、こちらでご覧ください。)

=============

実は、この時既に両手で数えられないほどの添乗員が、ドルフィンを去っていた。大半が若手だった。

見習い期間から試用期間を経て順調にキャリアを重ね、ようやく安定した仕事量を得られようとしていた者、試用期間中で節制に耐えていたのに、仕事が少ないどころか完全になくなってしまった者。

「二か月耐えられないか?」という言葉に首を横に振りながら、「生活が苦しい」、或いは「生活できない」という歯切れの悪い言葉を残して去って行った。

「生活できない」状態の者を説得することは難しい。全ての添乗員が一斉に仕事を失った状態で、全員を救う事は不可能だから、会社側としては受け入れるしかない。

だが、「信じられない」は傷つく。目をかけてきた杏奈が、それを本当に言っていたとしたらなおさらショックだ。杉戸は、なんとも言えない気分になった。

「あの子がそんなことを言うようには見えないけど・・・本当なの?」

愛が、ミラノ風カツレツを切りかけたままナイフとフォークを置いて問い質すと、元子は水ダコをゆっくり頬張りながら頷いた。

「ふーん・・・。」

愛は、白ワインが入ったグラスを口に運びながら、少し残念そうな顔をしていた。彼女は、自分の居場所としてのドルフィンを、もっとも大切にしているメンバーの一人だ。アラスカと日本を行き来しているため、添乗の仕事ができる期間が限定されているのにも関わらず、安定した仕事を供給してくれるドルフィンには感謝の気持ちしかない。(もちろん、実力あってこその仕事量ではある)

優佳が可愛がっている杏奈とは、地震翌日の成田空港で初めて会ったが、自分も仲良くなれそうだと思っていただけにショックだった。

「感情的になり過ぎているところはあると思うんですけどね。どうしても納得できないみたいです。なにかミスしたわけでも、不手際があったわけでもない。ただのお客さんの印象で、実際に見ていないニューワールドの偉い人たちがそれを鵜呑みにしただけだって。それをなんとかできなかったことに、彼女は腹を立てています。守ってもらえなかったというか・・・」

気持ちは分かる。だが、

「杉戸さんたちが、なにもしなかったと思う?」

「思いません。」

「え?」

元子のこたえが矛盾しているようなしていないような。まだ、ワインはグラスの半分しか飲んでいないから、自分がおかしくなっているはずがないと思いながら、愛は確かめた。

「えーと・・・『なにもしなかったと思う?』という問いに『思いません』ということは・・・」

「なにかしてくれたと思っています。」

元子は、笑いながらこたえて、「紛らわしくてすみません」と付け加えた。

「念の為聞くけど、雪輪は、自分がレギュラーから外されてしまったことは、納得しているのかな?」

「していますよ。だからオフィスで働かせてもらっています。」

杉戸も愛も安心したように頷いた。

「悔しいことは悔しかったですよ。でも、会社からもニューワールドからも、ちゃんとした説明をしていただいて、納得しました。」

雪輪は、ポルトガル添乗中に地震に気付いた後、企画担当の大山に連絡した際、「告知のタイミングは指示するから、すぐにツアー客には知らせないように」と言われた。しかし、当日発着グループの対応に追われた大山は、当日どころか翌日もその指示を忘れてしまった。

本来なら、添乗員側から確認の電話をすべきなのだが、大山は上には従順、下には高圧的で激昂するタイプで、このような時に電話しようものなら「連絡するまで待てと言っただろ!バカ!」というようなことを言い兼ねない担当者だった。

結局、彼を恐れた元子は、大山に連絡を取れないまま告知のタイミングを逸したどころか、先に地震の情報を得たツアー客に、先にいろいろ聞かれることになってしまった。

「あのパワハラ担当者ねー。どうしてあんなのが、ツアー担当なんだろう。せめて添乗員とは関わらないポジションに外して欲しいよ。」

「外されたよ。」

「え?」

「大山さんは、企画担当から外れた。」

愛が愚痴を言った瞬間、杉戸がすぐに返した。

「大山さんの態度は、前々から問題にはなっていたんだよ。社内で何度か注意もされていて、ずっとマークされていた。実際に今回も、電話をかけてきた添乗員の一人に怒鳴ったらしくて。それこそ『有事に対応できかねる』と判断されて外された。」

「えー!?社内でもそんな措置があったんですか・・・。ニューワールドやるなあ。」

感心した愛は、またミラノ風カツレツを切り始めた。

「でも、それなら元子ちゃんが、レギュラーを外されることないじゃないですか。」

カツレツを頬張りながら、抗議するようなするような口調で言った。

「それはそれ、これはこれでね。大山さんの指示がなくても、自分の判断で告知した添乗員はいたんだよ。ニューワールドからも、きちんとした説明があった。

『大山のことは、本当に申し訳なかった。ただ、あのような有事に、指示なしで正しい行動をとれた者と、とれなかった者では差があると判断した』

正直、ちょっと厳しいとは思ったから、雪輪に関しては粘ったんだけどね。だめだった。」

「はー・・・元子ちゃんはそれで納得しているの?」

「同じことをニューワールドの人からも説明受けました。大山さんの処分には、とても納得しています。残念だけど・・・私と違って、きちんと告知という対応ができた人がいたってことは、評価が下がっても仕方ないかなって。」

納得しているというより、納得しようとしているようだ。

つまり、同じレギュラーを外れたでも、元子と杏奈では、その質が違った。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。


昨日のオンライン旅行イベントで感じたこと。
お客さんからの質問が、かなり実践的なものになった。
特に物の値段についての質問が多かった。もともと物価の高さで知られる北欧が、今の円安でどういうことになっているか知りたかったのだろう。

なんにせよ昨日はよく喋らせてもらった。喋り過ぎた。現地について話すべきことは、前もってよく整理していたつもりだが、いざ、あのような場所に立つと、いろいろ思い出して、さらに話してしまう。

担当者からは、
「熱過ぎです。」
「詳し過ぎです。」
「もはや伝説です。」
と、6秒くらいの間に一気に言われてしまったから、よほど喋ったのだろう。
でも、お客さんからの評判は悪くなかったらしく、次の仕事ももらえたし、さらに別の国のイベントもやらせてもらえるらしい。今度は、「伝説再び」などとならないようにしよう。

コールセンター、旅行イベント、そして間もなく添乗。旅行の仕事の割合が段々と増えてきている状態に感謝。
さて、今日からは、しばらくワクチンコールセンターだ。オミクロンの予約が始まった。
意外と早く始まったな。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

今日は、午後三時から海外旅行のオンラインイベントに出る。

ただいま予習中。海外ツアーはおろか、イベントのスピーカーも久しぶりだから緊張する。

十月下旬に出発する添乗のいいリハビリになりそうだ。
その証拠に、けっこう緊張している()

当日話すべき内容を担当者からもらい、一通りチェックをしたが、とちるとかっこ悪いから、今から練習していこう。リハーサルだ、リハーサル。

今日のイベントは、今までとは違うつもりでいる。少しずつではあるが、海外ツアーは動き始めている。コロナ禍に入ってからの海外旅行イベントは、「せめて現地の映像を見て情報だけでも知りたい」方々の気休めだった。

だが、今回は、今年の冬や、近々発表されるであろう来年の春以降ツアーの売り上げにつながるものだと思っている。

パソコンやスマホの画面を眺めている人も、きっと真剣にご覧になって、旅行選びの参考にされることだろう。

 

ふー・・・。この緊張感。これだよこれ!
IMG_0497
7B29EDE7-6038-442D-8F82-CF1159127D10
こんな景色について語りたいですね。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングに参加しています。上位に行くと励みになるので、よかったら上のバナーをクリックしてください。

このページのトップヘ